人気ファッションモデルのほか、DJや実業家としての顔も持つ荒木さやかさん。ギャル系雑誌『小悪魔アゲハ』でモデルとしてデビューし、専属モデルとして第一線で活躍。のちに姉妹紙『姉アゲハ』のモデルとなるまで、5年近くにわたってトップクラスの人気を博しました。

そんな荒木さやかさんですが、実はかなりの豊満バストの持ち主としても知られています。30代となった今もなお豊満バストを維持し続ける秘密をはじめ、彼女が実践しているという筋トレや恋トレなどについて詳しくご紹介します!

荒木さやかの豊満バストの秘密


荒木さやかさんと言えば、2017年6月7日に発売された『姉アゲハ』7月号で、自慢の豊満バストを披露してくれたばかり。細く引き締まった体にビキニをまとい、美ボディが健在であることを大胆にアピールしました。30歳を超えた今もあのメリハリの効いた体型を維持する秘密、『姉アゲハ』の読者でなくとも知りたいところですよね?

実は荒木さやかさん、加圧ジムで日頃から筋トレにいそしんでいるのだとか。なんでも、加圧ジムなら、短い人間で筋肉を鍛えられ効率的なのだとか。実業家として忙しい毎日をおくる荒木さやかさんらしいコメントですね。どうしたって彼女よりも忙しいはずのない自分が、忙しいことを理由に運動をしてないことが恥ずかしい…。

胸の部分にある大胸筋はバストを支えているため、ここを鍛えることで胸のたるみが改善されるのはよく知られているところ。荒木さやかさんのような上に向かってツンっと張った豊満バストを作るには、筋トレがやはり欠かせないんですね!

また、大胸筋を鍛えることで胸周辺の筋肉が増えれば、それだけでアンダーサイズが大きくなるとも言われています。バストアップも期待できる筋トレ、荒木さやかさんのような豊満バストに憧れる人は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

荒木さやかの筋トレと恋トレとは?

それでは、荒木さやかさんが実践している加圧トレーニングとはいったいどんなものなのでしょうか?一言で言うと、腕や脚などのつけ根あたりを専用のベルトを締め、加圧によって血流を抑えた状態で行うトレーニング法のこと。

腕や脚に血液を貯めておくことで乳酸の濃度を高め、その後一気に体内へと流し込むことで、成長ホルモンの分泌が活性化される効果があるのだそう。わかりやすく言うなら、軽めの運動をしているだけなのに、激しい運動をしている時と同じような状態を作り出せるということ。

荒木さやかさんは、加圧ジムに通い、専門のインストラクターの指導を受けているようですが、自宅でも実践できます。ベルトの購入は必須ですが、購入する際に講習が受けられ、自分に適切な圧力を設定してもらえるとのこと。あとは腕や脚のつけ根あたりにベルトを巻いて、目的や体調に合わせてメニューを選んで実践するだけ。気になる人は、ぜひチェックしてみてください!

ルックスだけでなく実業家としての実力も兼ねそなえる荒木さやかさんだけに、恋の噂があって当然ですよね。かつては『姉アゲハ』で一般男性とのれないを公表していたこともあったようです。ところが多くのファンに見守られながらも、その男性とは残念ながら破局。

それ以降、彼女の周辺で恋の噂は全く聞かれなくなってしまいました。失恋のショックが大きかったのか、それともお仕事が忙しくてそれどころでないのか?実際のところはわかりませんが、筋トレと同様、恋トレを重ねて、また素敵な話題を聞かせてもらいたいものですね。

荒木さやかのダイエット方法は?

彼女のような美ボディを維持するには、きっとそれなりのダイエットをしていると思ってしまいますよね。ところが、彼女がダイエットに取り組んでいるという話は全くと言っていいほど聞こえてきません。

ですがやはり『姉アゲハ』のインタビューで、体のたるみが気になった日は、寝る前に腹筋と背筋とを200回ずつすることもあると話しています。筋肉を鍛えることは、脂肪を燃焼しやすい体作りに他なりません。極端な言い方をすれば、筋肉を鍛えてさえおけば、何にもしなくても勝手に痩せてしまうというわけ。

つまり、彼女にとっては筋トレそのものがダイエットだということ。聡明な荒木さやかさんらしいダイエット方法だと思いませんか?彼女を見習って、筋トレダイエット、始めてみませんか?